国内旅行は春夏秋冬で色々楽しめる


元来日本人は旅が好きな民族だと言われています。傾向としては若者は海外、年配の人は国内へと旅に出る人がほとんどでした。
しかし近年は様子が変わってきています。どのように変わってきたのかというと若者の旅行が海外よりも国内旅行に人気が高まってきているのです。

そして海外からの観光客も年々増え続けており、日本が世界でも注目を集めています。
日本の魅力は何といっても世界でも珍しい春夏秋冬と四季がハッキリとしていることにあります。四季がハッキリしているということは、同じ観光地でも季節によって違う風景を楽しむことが出来るので、時期を変えれば春夏秋冬それぞれ違った楽しみができるのです。

日本全国には数多くの観光地がありますが、代表的には春は桜によるお花見、夏は全国で行われるお祭り、秋は紅葉狩り、冬は雪景色などですが、その他にも季節によって大自然を味わうことができたり旬の味覚を味わうことができたり、そして日本の遺産など1年中どの時期でも日本の文化に触れることが出来ます。

特に近年の日本人が海外よりも国内旅行を好む人が増えている理由として、交通の便の良さや言葉の問題、そして日本の魅力を再発見していることにあります。
これから日本人をはじめ海外からの観光客が増えると予想されており、日本がますます注目を集めていくと言われています。
1
画像参照:Moyan Brenn